音楽学校設立の夢

東京のライブの夜は菅野に拙宅に宿泊いただいているが、その折々の彼の話には、なるほどと驚いたり、笑い転げたり、感服したりと(贅沢を独り占めして)満喫している。そのうちのほんのいくつかは「裏話」で紹介させていただいたが、ストックはまだまだあります。

一昨夜は六本木のキーストンクラブ、昨夜はクラブTでのライブであったが、昨日の午後、はじめて音楽学校設立の夢をきいた。

勿論、収入のためではなく、本当の音楽愛好家、演奏者を育てたいのである。その学校では、山や海にあそび(「うさぎおいし」を歌い)、おいしいものを食べ、よい絵画、音楽をあじわい、品性を高く、感性を豊かにすることが前提条件になる。そして譜面をみるのではなく、こころから好きな曲の音が出る(声が出る)のが第一歩である。5月のNYへの渡米経験をふまえて菅野は世界の音楽界の惨状を憂えているのである。このままではダメ音楽に滅ぼされてしまうと。

さて、今宵は三軒茶屋の「Whisper」でのライブ。永年の菅野のファンである、お寿司の名店「金多楼」の店主のヴォーカルが聴けるのではないかとワクワクしている。

8月1日ははじめてとなる大塚の「Greco」でのライブ。先般寄稿いただいた川崎さんの「春の夜の夢」にでてくる、菅野、佐々木、新井光子、さがゆきの出演である。渾身の即興演奏とメンバー間の音による会話、コラボを堪能いただけると思います。

両店とも皆様のご来場をお待ちしております。

(後援会 青山)