Profile/ プロファイル

ホ-カス・ポ-カス(HOCCUS POCCUS)メンバー紹介

  • 菅野 邦彦(ピアノ)Kunihiko Sugano

      菅野邦彦 Kunihiko Sugano天才ジャズピアニスト。学習院大学卒業後、当時来日していたトニー・スコットに認められメンバーとなる。その後、松本英彦(T. sax)カルテットを経てトリオを結成。六本木「ミスティー」の初代ピアニスト。72年からブラジル、NYなど8年にわたる放浪の旅に。帰国後、活動を再開。世界唯一の鍵盤を考案し、現在にいたるまで東京を中心に積極的にライブ活動を展開。

  • 小林 陽一(ベース) Yoichi Kobayashi

     小林 陽一1940年生まれ。19歳でプロとして活躍開始。八城一夫トリオ、中村八大グループなどでレギュラーベーシストを務め、81年渡米。ニューヨークを中心に活動。アート・ブレーキーの長女エブリン(VO)のバックミュージシャンを務める。帰国後、菅野邦彦とのセッションを数多く展開。代表的録音・74年「慕情」など。


  • 佐々木 豊(ドラムス)Yutaka Sasaki

    佐々木豊プロ入り後渡米し、数々の活動を行う。帰国後、伝説のバップピアニスト、田村翼トリオのレギュラーメンバーとして活躍。ブラシ使いの独自のテクニックを持つ。また、映画評論家、木村奈保子シネマ管弦打楽器楽団リーダーとして活躍中。


  • 小川 庸一(コンガ) Yoichi Ogawa

     小川 庸一永年ニューヨークに遊学。多くのトップミュージシャンと知り合い音楽の造詣を深め、コンガを手にする。帰国後、菅野邦彦+1のメンバーとして迎えられる。1980年リオデジャネイロに渡伯。1996年「ホ-カス ポ-カス」に参加すべく帰国。