URL

再々申し訳ございません。下記でお願いします。青山

日本ジャズ音楽協会の大賞

もう時間がたった10月の話になるが、社団法人日本ジャズ音楽協会が顕彰する2019年の「ジャズ大賞」に菅野邦彦が選出された。日本ジャズ音楽協会は2017年から「大賞」の顕彰をはじめていて、過去2年間に阿川泰子氏をはじめとする10名が受賞している。

授賞式は11月10日に六本木のサテンドールで行われたとのことだが、菅野は体調おもわしくなく失礼することになってしまった。

今日は12月31日の大晦日。皆様、よいお年をお迎えください。そして新年も菅野の一期一会の即興のライブでお目にかかることを楽しみにしております。(後援会 青山)

(付記)このほどホームページのプロフィルを一新しました。素敵な写真は、ご存じの方も多い菅野ファンの医師・鈴木先生の提供によるものです。

北京公演大盛況、元気に帰国

7月29日の月曜日の深夜、北京から帰国の菅野が疲れもみせず元気一杯で拙宅に到着した。

菅野によれば、コンサートは大盛況、28日の北京国家大劇院の2千人のホールは満員で、マイクなしの生音の演奏に大いに盛り上がった。1stステージはピアノソロ、2ndステージはホーカスポーカスのピアノトリオで、MCなしで、3-4曲を続けて演奏し、菅野が立ち上がって会釈をすると、そのたび大反響だったそうだ。アンコールも反響鳴りやまず3曲もやってしまったと笑っていた。

また、演奏会後のサイン会は長蛇の列だったそうで、一期一会にかける菅野の即興演奏が中国の人々のハートにとどいたんだとうれしく思った次第。

今回の公演では中国のNCPAの胡さんはじめスタッフの皆さんに大変お世話になった。厚く感謝・御礼申し上げます。(後援会 青山)

 

 

久々に裏話

久々に裏話をアップしました。

第16章 エピソード その1 世良譲 「ああ、こわかった」

一読いただければ幸甚です。(後援会 青山)

北京での公演が決定しました

菅野のファンである中国人の胡さんと楊さんのご尽力で、菅野邦彦トリオの中国公演が決定した。

日時:7月28日

場所:北京 国家大劇院 音楽庁

1stステージ ピアノソロ 2ndステージ ピアノトリオ

トリオの面々は張り切っているので、中国の皆様は彼らの快演に驚かれるとおもう。

このほど北京市から公演の許可証が発行されたが、届け出た曲目を順番どうりに演奏することが必須とのこと。許可証に興味のある方は以下をクリックしてみてください。Black Magic Woman は黒魔女と訳されています。(青山)

IMG

菅野邦彦写真集

菅野邦彦の熱烈なファンでプロ以上のカメラの腕をもつ岩間史朗さんがこのほど菅野邦彦の写真集を作製した。

近年の菅野のさまざまな姿をA5スクエアサイズ(CDのサイズ)の48ページで楽しむことができる。筆者おすすめの写真集である。
定価:1,200円 郵送料:180円

ご希望の方は、下記の岩間さんのアドレスに郵送先明記の上申し込んでください。折り返し振り込み先が連絡されます。

ganma460@yahoo.co.jp

岩間史朗さんのプロフィル
1948年名古屋市に生まれる。
主な著書  「わたしのもみじ」        ポプラ社
「名もなき日々」         ポプラ社
「たくみとウーロンの安曇野」 講談社 その他

よろしくお願いします。(後援会 青山)

 

トキの楽園と飛べよUFO

皆様

ホームページのトップページ(ホーム)を一新しました。

演奏は菅野邦彦のオリジナル「飛べよUFO」を彼が電子ピアノで弾いている絶品。

映像はstudiojapaの作成による佐渡の「トキの楽園」。

お楽しみいただけると思います。  (青山 記)

さかもと ふさ 型絵染版画展のご案内

菅野邦彦の姪のさかもと ふさ氏の型絵染版画展が、11月26日から12月9日まで、六本木の江夏画廊で開催されます。ご高覧いただければ幸いです。近くにお出かけの節は是非お立ち寄りください。詳しくは下記の案内をクリックしてください。

さかもと ふさ氏は 国際的な型絵染版画家で毎年のようにウイーンでも展覧会を開催しています。来年も日本・オーストリア修好150年の行事の一環として開催されます。

(後援会 青山)

FSakamoto2018_DMs

菅野沖彦氏逝去

菅野邦彦の兄、オーディオ評論家の菅野沖彦氏が、10月13日に逝去されました。86歳でした。

告別式は10月18日13時より、日本キリスト教団 信濃町教会にて執り行われます。